株式会社 サンライフのテーマ

病気は千もあるが、健康は1つしかない。その1つの健康 どうすればいいの?
人生で「健康に生きるか」それとも「不健康な人生を送るか」その分かれ目は生活習慣にあります。常に免疫力を付けておく、つまり疲れない体を常にキープしておく事です。それには毎日の食事と腸内フローラを整えておくことです。とは言っても、はて何を食べたらよいの?あまりお金のかからない食材とは?(株)サンライフは食事で免疫力を高める食材を研究開発している会社です。

除草剤とダイオキシン、農薬と農薬アレルギー、化学肥料と硝酸態窒素等々は草や虫も死ぬが人間も積もり積もって体力が低下し、気づいたときには手遅れ。薬の害だから治療法がありません。化学肥料オンリーだから作物が軟弱に育つ、だから病気にやられ、虫がつきやすい。有機とヒマラヤ還元塩栽培に切り替えたら病気も虫もつかず、味がとても美味くなり生産量も変わりませんでした。無農薬栽培で生産者の顔が見える作物作りが人間社会に貢献する食料生産が求められています。

免疫力とは胎内に侵入したウイルスや病原体をとらえ、抗原として抗体をつくり出し体外に排除し、生体を防御しようとする生体反応、また働く力のことです。では日常生活の中でどうすれば免疫力を高めることができるかというと
①自律神経のバランスを取ること。交感神経と副交感神経のバランス。
②ストレスを溜めない事。それには血液力が必要。病気の予防と美容、ストレス解消も血液から。
③食べ物としては抗酸化食品とバランスの取れた食べ物、腸内フローラを整える事が大切。それには加熱乳酸菌の摂取が必要。

食品は酸化との闘いです。また同時に人体にとっても酸化は敵です。抗酸化食品といえば梅干し、梅干しには抗酸化物質であるフラボノイドを含有しています。梅漬けに使う塩は還元力の強いヒマラヤ岩塩が良いです。主食は有機、無農薬で栽培した玄米、それに緑黄色野菜、梅干し、これを定番とし毎日続けることです。健康で元気な毎日を過ごすには腸内フローラ(腸内善玉菌)を整えることです。それには加熱乳酸菌をを摂取し、便秘を改善し、免疫力をアップすることです。ガンは免疫療法がカギと言われています。それには免疫力をアップし、ガン細胞を攻撃して死滅させる事が必要です。高齢、悪い食習慣、ストレス、活性酸素等によりガン化する可能性が大となります。規則正しい食事のとり方がガンを予防することになります。